トップページ >  むくみサプリの成分チェック >  スイカはむくみにいい

スイカのむくみの効能・料理方法・摂取上の注意点・効率的な摂取方法のまとめ

スイカの効能まとめ  夏にお馴染みのスイカが、実はむくみに効果的な食べ物であるとご存知でしたか?ここでは、スイカの効能、スイカを利用した料理、スイカの摂取上の注意点をまとめました。


スイカの効能

 スイカにはたくさんの効能があります。スイカにはカリウム、βカロティンやグルタチオン、リコピン、シトルリンが含まれているので疲労回復やガン予防、視力低下をくいとめる働きやシミソバカスや老化予防、心臓病や高血圧に良いとされています。

 シトルリンという成分は200g以下の熟しきっていない果実の方に多く含まれているので、血液をサラサラにするのを目的にする場合は小さめのスイカにした方が良いでしょう。西瓜の果汁は口内炎を治すのにも使われますが、日に数回果汁を1分から2分口に入れてから吐き出す行為を繰り返すと良いそうです。

 スイカの種には血液中のコレステロールを減らす作用がありますし、夏バテ予防や血液や筋肉の生成にも役立ちます。種にはタンパク質や食物繊維、ビタミンB6の他に葉酸やカリウム、マグネシウムなどが多く含まれています。皮は果実よりも利尿作用が高く、腎臓病に良いとされています。
西瓜の効能と聞いて、まず最初に思い浮かべるのは、利尿作用ではないでしょうか。むくみや腎臓の妙薬とも言われ、高血圧、解熱作用、心臓病、尿道結石、二日酔いなどにも効能があるといわれています。


スイカを使用した料理やスイカと相性のいい食べ物

 昔からスイカの果汁をじっくりと煮詰めて作る「西瓜糖」は、腎臓病の薬代わりとして用いられてきました。西瓜糖を作る時は種も一緒に入れて作る方が効果が期待出来ます。西瓜糖はのどの痛みや痰にも良いとされていますし、ガン予防に効果があるグルタチオンも含まれています。

 スイカと一緒にレモンやトマトを摂ると、紫外線で出来るシミやそばかすだけでなく皺にも効果があるという事です。 スイカの皮は外国では漬物や煮物、スープなどに活用しています。煮ると冬瓜のような口当たりになるので美味しくいただけます。

 種は炒ってスイカの種茶に出来ますし、塩味をつけるとお酒のおつまみやおやつになります。日干しにして丸ごと食べる事も出来ますが、お好みに応じて作ってみると良いでしょう。


スイカの摂取上の注意点

 スイカは悪くなりやすいので、買ったら早めに食べる方が良いとされています。食べる直前に冷やす方が甘味が損なわれないので、冷蔵庫で冷やすのはおすすめしません。

 丸ごと保存する場合は風通しの良い冷暗所に置いておくか、流水で冷やしておくとより美味しい状態になるのでおすすめです。カットされた物を保存する時は冷蔵庫に入れておく方が傷みを遅らせることが出来ますが、早めに食べる方が美味しく味わえます。

 スイカは8度から10℃の温度の状態で保存しておくのが一番良いので、出来るだけ近い温度に調節しておくと良いでしょう。種はそのまま食べると胃の中で消化がされず、便と一緒に排出されるだけなので効果がありませんが、細かくしたりつぶしたりすれば胚の部分が高血圧や腎臓に良い作用をもたらします。

 皮の漬物や種のおつまみを作る時は塩で味付けをしますが、塩分を控えめにする方が効果があるので、効能を期待する人は体調や目的に合わせて調整する必要があります。

 スイカは体を冷やすので、冷え性の人には良いとは言えません。生のまま食べる場合は食べ過ぎないよう注意が必要です。また、スイカは夏の食べ物なので季節が外れると手に入りにくいのが難点ですね。

 スイカに入っているむくみの効果的な成分は「カリウム」なので、冷え性の方や、夏以外の季節はカリウムの入ったむくみサプリを摂るといいでしょう


カリウムが手軽に摂れるのサプリメントの選び方

 むくみの解消のためには、代謝をアップするために、カリウムが含まれているデトックス効果の高いサプリメントを選ぶことがポイントです。

 カリウムはスイカやバナナに含まれている他、サプリメントでは明日葉とうもろこしのひげが注目を集めています。明日葉は、カリウムだけでなく、アンチエイジング効果の高いポリフェノールも含まれています。

 むくみを取るためのサプリメントは、継続して飲みたいサプリメントです。一時的に飲むだけでは効果が少なく、最低でも一ヶ月は飲み続けることが必要です。そのためには価格が安いかどうかもポイントになってきます。

 効果が高く価格が安いサプリメントを選ぶことで、継続して飲み続けることができるので、むくみも改善されていくでしょう。むくみが解消されることで、体もすっきりすることができます。

 また、むくみの解消サプリには、体によくない成分「メリロート」と「キャンドルブッシュ」がよく含まれているので注意が必要です。

 むくみの解消サプリを選ぶときは、肝機能障害の危険がある「メリロート」と、下剤の成分が入った「キャンドルブッシュ」が含まれていないものを選んでください。

むくみが解消するサプリの成分を比較

 むくみ解消のためには、体内の余計な水分を排出する、カリウムが含まれているデトックス効果の高いサプリメントが効果的です。
 今回は、むくみ解消に良いといわれているサプリメントをご紹介して、比較してみました。

 「するるのおめぐ実」は、デトックス効果の高い「明日葉」「トウモロコシのひげ」が含まれています。むくみ解消のためには、一押しのサプリメントと言えるでしょう。


デトックス成分
(2点満点)
脂肪燃焼成分
(2点満点)
成分の内容量
(2点満点)
商品の価格
(2点満点)
総評

(8点満点)

するるのおめぐ実

明日葉、とうもろこしのひげ

赤ぶどう葉(ポリフェノール、ビタミンE

360mg(1粒)

初回980円 3,150円


アシスラ

塩化カリウム

ショウガ末

カリウム100mg(1粒)

定期3200円


スイカデトックスナビ 

すいか

なし

約90mg(1日あたり)

4800円


マロニエ&メリロート


マロニエ、メリロート

ヒハツエキス、セイヨウタンポポエキス

230㎎

2200円


ドレナージェS


メリロートエキス末

赤ワインエキス末、L-シトルリン

不明

1980円

スマホの場合、表は右(→)にスライドします

もっと多くのむくみサプリを一目で比較したい場合は、こちらの一覧表もチェックしてみてください。

一目でわかる!人気20種類のむくみサプリの全成分調査表はこちら。



スイカの効率的な摂取方法のまとめ

 スイカは生のまま摂取するのが一般的ですが、果実と種を煮詰めてジャムの状態にした「西瓜糖」や皮を使った煮物やスープ、炒め物にすることもできます。実の部分はマリネにも出来ますし、皮は肉や魚と組み合わせて調理すると意外な美味しさが発見できます。

 スイカの種も炒っておつまみにしたりお茶にすると、捨てる所がありません。実や皮は捨ててしまいがちですが、丸ごと全部活用出来るのがスイカの特徴です。外皮の部分だけ除けば食べられるので、活用してみましょう。




むくみサプリを評価!

むくみサプリを安心な成分で評価しました!

むくみサプリの副作用あり成分

むくみサプリの成分チェック

人気のむくみサプリの評価

むくみの基礎知識

するるのおめぐ実を体験!

人気のするるのおめぐ実を徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ