トップページ >  むくみサプリの成分チェック >  クランベリーはむくみにいい

クランベリーのむくみの効能・多く含む食べ物や料理・注意点・効率的な摂取方法のまとめ

クランベリーの効能まとめ  クランベリーはブルーベリーやコンコードグレープと共にアメリカを代表する果物として知られていて、日本でも健康食品としておなじみです。アメリカでは原住民が昔からクランベリーを薬代わりにしていた経緯があり、これに着目した研究者が研究を重ねた結果、医学的に効果がある事を発見しました。

 ここではクランベリーの効果とクランベリーを多く含む食べ物をまとめました。

クランベリーは、ブルーベリー、コンコードグレープと並んで、北米原産「3大フルーツ」と呼ばれているという。私たち日本人にはピンと来ないが、海の向こうの大陸では、大昔から食されてきたフルーツだ。
引用元:healthクリック

クランベリーのむくみの効能

 クランベリーは膀胱炎や腎盂腎炎に代表される尿路感染症を始め、歯周病の予防や眼精疲労、インフルエンザや美肌作りにも効果があるとされています。特にむくみには効果がありますが、これにはクランベリーに含まれているポリフェノールの一種アントシアニンが関係しています。

 クランベリーは美しい赤色をしていますが、中まで赤くなっている実にはプロアントシアニジンという成分が含まれていて、抗酸化作用や抗炎症作用があります。

 このプロアントシアニジンは体を病気から守るうえ老化防止の効果があるので、侮れない存在と言えます。
血流を良くする他には腎臓の働きを促進して利尿作用を高め、水分と一緒に老廃物を排出する役目を果たします。

 クランベリーに含まれる成分にはキナ酸と言う物があります。キナ酸は肝臓の中で馬尿酸に変化して老廃物の排出を促進する優れた成分ですが、他にはヒハツやカリウム、メリロートなどのむくみに良い成分が含まれています。ビタミンCも含まれていて脂肪分が少ない果物なので、美容効果が期待出来ます。

中まで真っ赤なクランベリーは、果実全体にポリフェノールを含んでおり、赤ワインなどでも有名な「プロアントシアニジン」も豊富!その量は他のフルーツと比べてもトップクラスと言われています。
引用元:大正製薬


クランベリーを多く含む料理

 クランベリーは原産地のアメリカではジュースに加工して販売しています。実に強い酸味があるので、そのままでは食べる事が出来ません。

 加工品や冷凍にした物も出回るようになりましたが、クランベリーソースや、肉だねに混ぜ込んで作ったミートパイ、スープやピラフなどのレシピがあるので、いつもとは目先を変えた料理で家族や友人などをもてなすのに良いでしょう。クランベリーソースはお肉との相性が抜群で、鶏や牛などどんなお肉でも合わせることが出来ます。

 クランベリースープは単品でスープにするのではなく、ベーコンや野菜を一緒に煮込んでから最後に味のアクセントとして加えます。ミートパイやピラフの具にすると、甘酸っぱい味が加わって新鮮な味わいになります。

 クランベリーの実を選ぶ時は、出来るだけ国産の物にするのがポイントです。生のクランベリーはお酒に漬けこんで薬膳酒にすると保存期間が長くなるので、そのまま飲んでもお料理に使っても良いでしょう。


クランベリーを多く含む食べ物

 加工食品として売られている代表的な食べ物はクランベリージュースです。一般的には生のままだと酸味が強いため、砂糖や甘味料などの添加物を加えて調味されています。

 生の実を乾燥して作ったドライフルーツ、冷凍食品やクランベリージャムも売られていて、そのまま食べたり料理に活用したり出来ます。


クランベリーの摂取上の注意点

 クランベリーは簡単に利用することが出来て、インフルエンザの予防に良いとされています。ドライフルーツは、摂取するメリットは大いに期待出来ますが、腎臓に結石がある人やアスピリンアレルギーがある人、ワルファリン(クマジン)を服用している人は出血があるので注意する必要があります。

 クランベリーの中にはサルチル酸と言われる成分がありますが、アスピリンに似た働きをするので喘息や肝臓病、腎臓に結石がある人、高血圧、心臓病の人や以前消化性潰瘍になった人、血液に異常がある人、妊娠している人は特に気を付けましょう。料理に使う場合は、食事の時にお酒を控えめにすると胃や肝臓に副作用が起きません。

 クランベリーはジュースやジャムなどに加工すると熱を使うために栄養が損なわれます加工品は糖分が多いので、生のままの方が体には良いとされています。特にクランベリージュースは100%果汁ではなく水が混ぜてあるので、大量に摂取しないと必要な分の栄養が取れません

 クランベリーは加工して栄養が損なわれたり糖分が混ぜてあることも多いため、効率よくむくみを解消したい場合はクランベリーに含まれる「ポリフェノール」をサプリなどで摂取する方法もあります。


ポリフェノールが多くに摂れるのサプリメントの選び方

 体がむくみ原因では、体全体の機能が衰えて働きにくくなったことが考えられます。若い時代には体がむくまなかったのに、年齢を重ねてきたら体がむくむようになったという女性も目立ちます。加齢現象による体のむくみの改善には、ポリフェノールを摂ることがオススメです。

 ポリフェノールは、赤ぶどう葉クランベリーに多く含まれています。クランベリーは料理で摂ると効果的ですが、加工食品やジュースだと栄養価が損なわれたり、砂糖が含まれているのが難点です。

 料理をする時間がないときには、ポリフェノールがたくさん入ったむくみサプリを摂るといいでしょう。むくみサプリには抗酸化作用のあるポリフェノールだけでなく、体内の余計な水分を排出してくれるカリウムが一緒に摂れるのも特徴です。

 水分を排出するカリウムは、トウモロコシのひげ明日葉に多く含まれています。明日葉は、カリウムだけでなく、アンチエイジング効果の高いポリフェノールも含まれています。

 むくみを取るためののサプリメントは、継続して飲みたいサプリメントです。一時的に飲むだけでは効果が少なく、最低でも一ヶ月は飲み続けることが必要です。そのためには価格が安いかどうかもポイントになってきます。

 効果が高く価格が安いサプリメントを選ぶことで、継続して飲み続けることができるので、むくみも改善されていくでしょう。むくみが解消されることで、体もすっきりすることができます。

 また、むくみの解消サプリには、体によくない成分「メリロート」と「キャンドルブッシュ」がよく含まれているので注意が必要です。

 むくみの解消サプリを選ぶときは、肝機能障害の危険がある「メリロート」と、下剤の成分が入った「キャンドルブッシュ」が含まれていないものを選んでください。

むくみが解消するサプリの成分を比較

 体の老化によるむくみ解消のためには、抗酸化作用のあるポリフェノールがたくさん入ったサプリメントが効果的です。
 今回は、むくみ解消に良いといわれているサプリメントをご紹介して、比較してみました。

 「するるのおめぐ実」は、ポリフェノールが豊富な「赤ぶどう葉」が含まれています。むくみ解消のためには、一押しのサプリメントと言えるでしょう。


デトックス成分
(2点満点)
脂肪燃焼成分
(2点満点)
成分の内容量
(2点満点)
商品の価格
(2点満点)
総評

(8点満点)

するるのおめぐ実

明日葉、とうもろこしのひげ

赤ぶどう葉(ポリフェノール、ビタミンE

360mg(1粒)

初回980円 3,150円


アシスラ

塩化カリウム

ショウガ末

カリウム100mg(1粒)

定期3200円


スイカデトックスナビ 

すいか

なし

約90mg(1日あたり)

4800円


マロニエ&メリロート


マロニエ、メリロート

ヒハツエキス、セイヨウタンポポエキス

230㎎

2200円


ドレナージェS


メリロートエキス末

赤ワインエキス末、L-シトルリン

不明

1980円

スマホの場合、表は右(→)にスライドします

もっと多くのむくみサプリを一目で比較したい場合は、こちらの一覧表もチェックしてみてください。

一目でわかる!人気20種類のむくみサプリの全成分調査表はこちら。


クランベリーの効果的な摂取方法のまとめ

 クランベリーにはいろいろな効能がありますが、生の実をそのまま食べたり加工食品にして食べる事が出来ます。一番効果があるのは生の実を丸ごと味わう方法ですが、お酒に漬けこむと長期保存も出来ます。ただし、ジャムやジュースは砂糖や水分が加えてあるので食べ過ぎないように注意する事が必要です。

 持病がある人や妊娠している人など、現在通院している人は医師と相談して適量を味わうようにする事をお勧めします。料理に使うと、いつもとちょっと違う風味が味わえるので、ぜひトライして美味しくいただきましょう。




むくみサプリを評価!

むくみサプリを安心な成分で評価しました!

むくみサプリの副作用あり成分

むくみサプリの成分チェック

人気のむくみサプリの評価

むくみの基礎知識

するるのおめぐ実を体験!

人気のするるのおめぐ実を徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ