トップページ >  むくみサプリの成分チェック >  コーンシルクはむくみにいい

コーンシルク(とうもろこしのひげ)のむくみの効能・注意点・効率的な摂取方法まとめ

コーンシルクの効能まとめ  コーンシルクとは、とうもろこしの「ヒゲ」の部分を指します。取り方がわからず苦戦したことのある人も多いのではないでしょうか。

 とうもろこしをゆでで食べる際に、皮の部分と一緒にむしり取って捨てていたであろうアノ部分には、実はメディカルハーブや漢方の世界でも注目される効果があると言われています。

 とうもろこしの「ヒゲ」は植物の「柱頭」にあたるもので、受粉して子孫を残すための雄しべの役割を持っています。そのため、さまざまな栄養素を含んでおり、天然の効能が認められています。ネイティブアメリカンや中国、ヨーロッパなどでも昔から健康増進効果があるとして摂取されていました。


コーンシルクの効能

 コーンシルクにはいくつかの効能があるとされていますが、中でもその利尿作用がむくみに良い影響をもたらします。コーンシルクには、豊富なカリウムが含まれており、それが体内の水分バランスを取ってむくみを解消します。

 むくみは皮下に過剰に溜まった体液が原因です。血管の内外や細胞の内外の体液は、常に浸透圧によってその水分を行き来させて量のバランスを取っています。

 そのバランスを保つ元となるのが、カリウムです。カリウムはナトリウム(塩分)濃度を調整するために、ナトリウムが濃くなれば水分を送り込み、薄くなれば水分を取り込みます。塩分過多の食事でむくむのもナトリウムが増えて、水分が送り出されたためです。

 コーンシルクに含まれているカリウムは皮下の体液へ水分を逃がさないようにする効果が期待できます。腎臓や膀胱の機能を高めて、余分な水分を尿として排出しやすくする効果も持っています。

 また、食物繊維も豊富で胃腸の働きも助けて便通にも良い影響を与えてくれるでしょう。肝機能も高めることができるので、総合的にデトックス効果満点です。自然に体内から余分なものを排出することができて、ダイエットをしたい人にもオススメです。さらに、肝炎・高血圧・糖尿病などの慢性疾患にも良い効果を与えると言われています。
穏やかな利尿作用があり、膀胱炎や尿道の炎症を抑えます。胆のう機能の向上、肝炎・高血圧・糖尿病などの慢性疾患にも有効です。
引用元:Timeless Edition


コーンシルクを多く含む食べ物や料理

 コーンシルクの効能を体に与えるためには、コーンシルクのサプリメントもありますが、手作りのお茶から摂取するという方法もあります。まだあまり日本人には馴染みのないものですが、とうもろこしのひげ茶は一部の健康志向の人の間では利用が始まっています。

 とうもろこしのひげ茶のつくり方は簡単です。ヒゲのついた状態のとうもろこしを買ってきたら、そのヒゲをそのまま利用することができます。ヒゲを取ったらキレイに洗い流して、天日干しにするだけで出来上がりです。

 とうもろこしのひげが赤茶色になったくらいが飲みごろです。ティーバッグや茶こしなどで普通のお茶のように出して飲みます。少し薄めの茶色のお茶は、とうもろこしの甘い風味が仄かに感じられて、飲みやすいものです。

 また、とうもろこしのひげ茶はカフェインを含まず、他の副作用の心配も少ないのも利点です。体へ負担をかけずにむくみ対策をすることができます。

コーンシルクの摂取上の注意点

 コーンシルクの効能としては、利尿作用の他に興奮作用も持っています。利尿作用は非常に緩やかで、コーンシルクからの摂取で体に悪影響を及ぼすおそれはあまりありません。ただし、興奮作用があるため、小さなお子様の飲用は避けたほうが良いこともあります。

 さらに、イネ科のアレルギーを持っている人では、コーンシルクでアレルギー症状を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

 また、飲むタイミングにも注意をした方が良いでしょう。利尿作用があるため、夜寝る前に飲むことで就寝中にトイレに行きたくなって睡眠が阻害される可能性があります。


コーンシルクを手軽に摂れるサプリメントの選び方

 コーンシルク(トウモロコシのひげ)は、むくみを取ることで注目されてきている成分のひとつです。トウモロコシのひげには、カリウムが多く含まれています。

 トウモロコシのひげはお茶で摂ることもできますが、トウモロコシを食べる機会があまりない人や、トウモロコシのひげを日干ししてお茶を作る時間のない人には、トウモロコシのひげの成分が入ったむくみサプリがオススメです。

 また、むくみサプリはトウモロコシのひげ以外にもカリウムが豊富な成分が一緒に入っていることがあるため、気になる成分をまとめて摂ることができるのもメリットです。

 トウモロコシのひげの他に、カリウムで注目されている成分として明日葉などがあります。明日葉は、カリウムだけでなく、アンチエイジング効果の高いポリフェノールも含まれています。

 むくみを取るためののサプリメントは、継続して飲みたいサプリメントです。一時的に飲むだけでは効果が少なく、最低でも一ヶ月は飲み続けることが必要です。そのためには価格が安いかどうかもポイントになってきます。

 効果が高く価格が安いサプリメントを選ぶことで、継続して飲み続けることができるので、むくみも改善されていくでしょう。

 また、むくみの解消サプリには、体によくない成分「メリロート」と「キャンドルブッシュ」がよく含まれているので注意が必要です。

 むくみの解消サプリを選ぶときは、肝機能障害の危険がある「メリロート」と、下剤の成分が入った「キャンドルブッシュ」が含まれていないものを選んでください。


むくみが解消するサプリの成分を比較

 むくみ解消のためには、代謝をアップするために、コーンシルクなどのカリウムが含まれているデトックス効果の高いサプリメントが効果的です。
 今回は、むくみ解消に良いといわれているサプリメントをご紹介して、比較してみました。

 「するるのおめぐ実」は、デトックス効果の高い「明日葉」「トウモロコシのひげ(コーンシルク)」が含まれています。むくみ解消のためには、一押しのサプリメントと言えるでしょう。


デトックス成分
(2点満点)
脂肪燃焼成分
(2点満点)
成分の内容量
(2点満点)
商品の価格
(2点満点)
総評

(8点満点)

するるのおめぐ実

明日葉、とうもろこしのひげ

赤ぶどう葉(ポリフェノール、ビタミンE

360mg(1粒)

初回980円 3,150円


アシスラ

塩化カリウム

ショウガ末

カリウム100mg(1粒)

定期3200円


スイカデトックスナビ 

すいか

なし

約90mg(1日あたり)

4800円


マロニエ&メリロート


マロニエ、メリロート

ヒハツエキス、セイヨウタンポポエキス

230㎎

2200円


ドレナージェS


メリロートエキス末

赤ワインエキス末、L-シトルリン

不明

1980円

スマホの場合、表は右(→)にスライドします

もっと多くのむくみサプリを一目で比較したい場合は、こちらの一覧表もチェックしてみてください。

一目でわかる!人気20種類のむくみサプリの全成分調査表はこちら。



コーンシルクの効率的な摂取方法のまとめ

 日本ではこれまで捨てられてきたとうもろこしの「ヒゲ」ですが、世界のあちこちではコーンシルクとして健康増進のために使われていました。

 自宅でも手軽に作れるコーンシルク茶は、意外とおいしくて飲みやすい味わいを持っています。自然な効能によって利尿作用を高めて、むくみを改善するのに役立つでしょう。

 ヒゲの部分はもともと大切な役割を果たす部分であり、栄養豊富です。むくみの改善の他にも慢性的な生活習慣病の改善など、美容に健康に活かすことができそうです。捨てていた部分の再利用として便利に活用してみてはいかがでしょうか。




むくみサプリを評価!

むくみサプリを安心な成分で評価しました!

むくみサプリの副作用あり成分

むくみサプリの成分チェック

人気のむくみサプリの評価

むくみの基礎知識

するるのおめぐ実を体験!

人気のするるのおめぐ実を徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ