トップページ >  むくみサプリの副作用あり成分 >  キャンドルブッシュの副作用は危険!

キャンドルブッシュの副作用は危険!?本当の効果と副作用まとめ

キャンドルブッシュの効果  キャンドルブッシュといえばデトックス効果を持ち、ダイエットやむくみ解消、便秘改善などに効果のある植物といった印象ですよね。自然由来の原料として、便秘改善用のお茶などにも含まれていることのあるキャンドルブッシュですが、実はキャンドルブッシュは人によって評価の別れる成分なのです。

 キャンドルブッシュが使われているサプリメントも多いですが、使い方を誤ると思わぬ副作用が起こる可能性があり、国民生活センターが注意勧告を出したこともあります。

 ここでは、キャンドルブッシュの効果と、キャンドルブッシュの副作用、安全なむくみサプリの選び方をまとめました。


キャンドルブッシュの効果まとめ

 キャンドルブッシュは便秘改善のサプリメントなどでよく使わている成分です。ゴールデンキャンドルの異名を持つため、そちらで記載されていることも多いでしょう。

 キャンドルブッシュ(ゴールデンキャンドル)の5つの効果を確認してみましょう。


キャンドルブッシュは古くから用いられてきました

 女性は、男性よりも筋肉量が少ないので、どうしても排便に必要な腹筋が足りなくて便秘になりがちです。それから、甘い物を沢山食べると、糖質を分解するためにビタミンB1が多く消費されてしまいます。ビタミンB1は、腸の蠕動運動に欠かせないビタミンなので、ビタミンB1が足りなくなることでも、便秘になってしまいます。

 便秘になると、腸内環境が悪化して溜まった毒素が腸壁から吸収されて血液に流れ、全身に毒素が回ってしまいます。そうなると、肌荒れや、体臭の原因にもなってしまうのです。それに、腸内に悪玉菌が増えると、脂肪を吸収する腸内細菌が増えてしまうんです。

 そんな頑固な便秘を解消してくれるのが、キャンドルブッシュです。別名ゴールデンキャンドル、ハネセンナと呼ばれているアメリカ原産のマメ科の植物です。東南アジアやインドにも自生している植物です。成長すると、4m程の高さまで垂直に伸びるて上部に黄色い花を咲かせる様子が、ロウソクのように見えることから、キャンドルブッシュと呼ばれています。

キャンドルブッシュは、インドネシアやマレーシアなど熱帯地方に自生する植物です。現地では1300年も前から日常的に、便秘や皮膚病の薬として使用されてきました。

 キャンドルブッシュには便秘を解消してくれるだけでなく、抗菌効果もあることから、古くから皮膚病の治療や、スキンケアのために使用されてきました。


SODを補給して健康な体に!

 キャンドルブッシュに含まれているSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)は、活性酸素を除去してくれる酵素です。

 SODは、元々人間の体内に存在している酵素です。この酵素が上手く働くためにいは、ポリフェノールやビタミンなどが必要となりますが、キャンドルブッシュには、ポリフェノールやビタミン、ミネラルがバランスよく含まれています。

 紫外線や日々のストレスなどによって、活性酸素が溜まりやすい現代人にとって、酵素はとても重要です。しかも、この酵素は、年齢と共に減少してしまいますので、生活習慣病などを引き起こしやすくなります。体内の酵素が減少すると、代謝が悪くなって痩せにくくなる原因にもなってしまいます。

年齢と共に減少するSOD
引用元:日本抗酸化

 また、キャンドルブッシュに含まれているタンニンというポリフェノールは、渋柿などの渋み成分や、お茶を飲んだ時の着色汚れの原因というイメージがりますが、タンニンも抗酸化作用のあるポリフェノールです。

 タンニンには、肌のアレルギー症状を改善したり、脂肪を燃焼する効果もあります。他にも、花粉症の症状を改善する効果もあるとされています。

 キャンドルブッシュには亜鉛も含まれています。皮膚や髪、爪を作るためには欠かすことのできない成分です。亜鉛が不足すると、髪がパサパサになったり、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

 転んでアザができても亜鉛を適度に摂取することで、治りが早くなると言われています。亜鉛不足は、白髪の原因とも言われていますのでキャンドルブッシュで亜鉛が取れるのは嬉しいですね。


ケルセチンの凄い効果

 キャンドルブッシュに含まれているケセルチンは、最近タマネギの皮に豊富に含まれている成分として注目を集めています。ケセルチンも、抗酸化作用の強いポリフェノールの一種です。

 ポリフェノールは、どれも同じ働きをする訳ではなく、ケルセチンに関しては、抗ストレス作用があるとされています。

 更には、血行を改善して血液をサラサラにしたり、活性酸素によって赤血球が傷んでしまうのを防ぐ効果などもあります。高血圧の方や、運動不足で血行不良となっている方にお勧めな成分となっています。

 また、関節の痛みを緩和したり、むくみを改善するといった効果や、脂肪分解、アレルギーの改善、骨粗鬆症予防まであります。

 健康効果が高いことを知ると、沢山体に取り込みたくなってしまいますが、ケルセチンは一回に700mg以上摂取してしまうと腎臓障害などを引き起こす可能性があるとされているため、効果を得たいからといって過剰に摂ることはオススメしません。

 また、一部の抗生物質とは相性が悪いため、抗生物質を使用している場合はケルセチンを摂取しても大丈夫か確認するようにしましょう。

ケルセチンは一部の抗生物質と相互作用があることが認められているそうです。シプロフロキサシンやエノキサシン・ノルフロキサシン・スパルフロキサシン・トロバフロキサシンなどの抗生物質はケルセチンを摂取することによって、抗生物質の効力が低下する可能性があると言われています。
引用元:welq


クリソフェノールとは

 キャンドルブッシュに含まれているクリソフェノールも、ポリフェノールの一種です。クリソフェノールは、体内に取り込まれると、血液から大腸へと分泌されて、腸管を刺激するアントラキノンに変化します。

 そして、キャンドルブッシュには、キャベツの12倍とも言われている食物繊維も含まれていますので、頑固な便秘を改善する効果があるのです。

 食物繊維は、腸内に溜まってしまった腐敗物を掻き出して腸内環境を整えたり、善玉菌の餌となって、善玉菌を増やす働きもしてくれます。野菜が苦手な方や、食物繊維をしっかり摂取することができない方にとっては、キャンドルブッシュは手軽に食物繊維が取れて、便秘も改善することができるハーブなのです。

 ハーブとはいっても、煎じ方や飲む量によっては、強い下剤効果を発揮しますので気を付けましょう。

 同じく下剤効果のあるセンノシドも、大腸を刺激して便通を促す成分です。センノシドは、腸内細菌によって、レインアンスロンという成分に変化して、蠕動運動を活発化させる働きをします。

 ただし、下剤に頼り過ぎると排便力が弱まり、結果的にキャンドルブッシュを摂取する前よりも便秘が悪化する可能性があります。下剤に頼らなくても、食物繊維の豊富な野菜や、善玉菌の一種である乳酸菌が入ったヨーグルトを摂ることで便秘が改善されることも多いです。


体に必要なミネラル成分が含まれています

 キャンドルブッシュには、カルシウム、マグネシウム、カリウムなども含まれています。

カルシウムは人体の中で最も多いミネラルで、全体重の1.5%~2.0%程度を占めます。体重60kgの人だと約900g~1,200g程度がカルシウムです。

 カルシウムは、丈夫な骨や歯を形成する上で欠かすことができません。それだけでなく、筋肉の収縮や生理機能の調整、イライラ予防などの効果があります。

 カルシウムは、ビタミンDと一緒に摂取することで、吸収率が高くなりますが、キャンドルブッシュには、ビタミンDもちゃんと含まれていますので、効率よくカルシウムを補給することができます。

 それから、マグネシウムは体内で合成することのできない必須アミノ酸です。マグネシウムも、カルシウムと一緒に骨や歯の形成に必要なミネラルです。

 マグネシウムが不足すると、体が疲れやすくなったり、うつ状態を招いてしまうと言われています。また、マグネシウムも便秘を改善する働きをしてくれます。

マグネシウムは体内に7番目に多く含まれる成分で、ミネラルの中でも特にカルシウムとの関係が深く、マグネシウム1に対しカルシウムを2~3の割合で摂取することが理想と言われています。
引用元:welq

 カリウムは、摂り過ぎた塩分を体外に排出して、体のむくみや高血圧を改善する働きがあります。カリウムは、皮膚細胞を新陳代謝を活性化させる効果もあるので、美肌効果も期待できる成分となっています。

 塩分の摂り過ぎで、カリウムが減ってナトリウムが増えてしまうと、細胞の代謝が悪くなって体が疲れやすくなり、血圧も上がってしまいます。

 カリウムはキャンドルブッシュの他に、バナナやスイカ、明日葉、トウモロコシのひげ(コーンシルク)などに含まれています。


キャンドルブッシュの副作用まとめ

キャンドルブッシュで便秘解消の落とし穴  キャンドルブッシュは便秘改善の効果があるかもしれませんが、長く摂取し続けていい成分ではありません。キャンドルブッシュを使用し続けると、かえって便秘がひどくなってしまう可能性もあります。

 キャンドルブッシュの見落とせない7つの副作用をチェックしてみましょう。


キャンドルブッシュは下剤効果が強すぎる

 キャンドルブッシュは、平成26年1月23日に、国民生活センターで、過剰摂取に注意するようにと発表されています。センナにも含まれているセンノシドが含まれているため、飲む量と抽出時間に注意する必要があるのです。サプリがPRしている「天然ハーブなので、安心して飲むことができます」というのを簡単に信じちゃいけません。

 キャンドルブッシュを飲む場合は、パッケージに書かれている用法用量を守ることが重要です。初めてキャンドルブッシュを飲む場合は、量を加減して徐々に体に慣れさせることがポイントとなります。

 下剤効果が強いので、頻繁に飲むと、内臓に負担をかけてしまいます。せっかくキャンドルブッシュを飲んで抗酸化作用成分を取り込もうとしても、飲み過ぎて、便と一緒に有効成分まで排出されることになっては意味がありません。

 特に、腸内の善玉菌が下剤の効果で減少してしまうと、体の免疫力が低下して、体調を崩しやすくしてしまいます。また、運動不足からくる便秘に悩まされている方が、キャンドルブッシュを飲んでも、根本的な便秘の改善にはなりません


お腹が鳴り続ける


下痢にならなかった場合でも、お腹が常時鳴ってしまう人もいます。
実はこれは、下痢の一歩手前のサインです。

気づかないまま放置していることで、どんどん状態が悪化することがあります。

放置すると腸の状態が悪くなって、腸閉塞に近い症状が起きてしまうこともあります。

この腸閉塞は、放置していると便が逆流するなどの重大なトラブルが起きてしまうので、非常に危険な病気です。

また、体調不良が続きやすいこともあり、場合によっては回復するまでに多くの時間がかかります。

便が出ない状態が続いて、お腹が鳴っているのであれば、ただちにサプリをやめ、重症になる前に診察を受けてください。


頭痛を伴った吐き気が起こる

キャンドルブッシュの含まれているダイエット茶を飲み続けると、突然頭が痛くなってしまうことがあります。

この頭痛も、キャンドルブッシュに含まれている下剤成分が原因と考えられます。

下剤の効果で下痢になると、体内のナトリウムが急速に欠乏し、頭痛を引き起こしてしまうのです。

頭痛だけで収まっているなら、休めばある程度解消されることもありますが、場合によって吐き気を伴うこともあります。

他にも冷や汗が出たりなどの体調不良が起こったら、キャンドルブッシュを疑ってみることも必要です。


低カリウム血症に陥る


キャンドルブッシュは、利尿作用を引き起こすことでも知られていますね。

これによって、尿を大量に出しながら、ダイエットを成功させることができるのですが、これによってカリウムが足りなくなります。
体のなかのカリウムのほとんど(98%)は細胞のなかにあり、残りのわずか(2%)が血液中など細胞の外に存在しています。しかし、血液中のカリウムは細胞のはたらきを調節するうえでとても重要で、この値が乱れると全身に重大な障害が生じます。

出典:gooヘルスケア


カリウムが不足することを、低カリウム血症と呼ぶのですが、これが生活に支障をきたすことになります。

特に筋肉と腎臓に症状が出やすく、筋力低下や悪心、嘔吐の原因となる状態です。

カリウムの欠乏が深刻になると、生活をすることができず、歩くこともままならないような状態になるケースもあります。

もし、立ちくらみのような症状が続いたり、体に力が入らないような感じがあるなら、それはキャンドルブッシュの副作用である可能性が高いです。

非常に危ない状態ですので、すぐに病院へ行ってください。

意識が飛んでしまう


本来何かを服用して、意識が飛んでしまうのは、非常に危ない薬に限られています。

しかし、キャンドルブッシュの常用者には、そのような副作用が報告されており、服用していると意識を失ってしまったり、自分が何をしているかわからないなどの問題があります。

また、その中で記憶障害が起きることもあるようです。

意識がもうろうとして倒れている時間が長くなることで、さらなる問題を引き起こすこともあります。

めまいやふらつきを感じるようになったら危険サインですので、キャンドルブッシュの服用をただちにやめましょう。


妊娠中の方にはお勧めできません

 ダイエット目的だけで、キャンドルブッシュを飲むと、普段便秘をしていない人にとっては、刺激が強すぎて、下痢になってしまう恐れがあります。強い下剤作用は、下痢だけでなく、吐き気やめまいなどの症状も引き起こします。

 それから、キャンドルブッシュに含まれているセンノシドは、プロゲステロンという妊娠を維持したり、体温を維持する働きをするホルモンの働きを低下させてしまう働きをします。そのため、妊娠中の方はキャンドルブッシュを飲むと流産をしてしまう恐れが高くなります。

 妊娠中は、便秘になりやすいですが、下手に市販の便秘薬を飲む訳にはいきません。そのため、ノンカフェインで、自然由来のキャンドルブッシュなら大丈夫かな、と思われるかもしれません。しかし、妊娠中には、キャンドルブッシュは飲まないようにしましょう

 キャンドルブッシュは、下剤効果が強いので小さな子供には飲ませない方がよいでしょう。子供の内から、キャンドルブッシュの下剤効果に慣れてしまうと、排便力が低下してしまいます。

 また、飲み過ぎると、肝機能への影響や、腸閉塞などを引き起こす場合があるとされていますので、飲み方を間違えると、健康に悪影響を及ぼすことをしっかりと理解しておきましょう。


薬がないと排便できなくなる

本来、センノシドがこのような重い症状の原因になることはありません。

なぜなら、一時的に飲むものであり、サプリとして常用することは普通ありえないことだからです。

キャンドルブッシュを常用的に飲んでいると、自力での排便力が次第に弱まってしまいます。排便ができなくなると飲む量が増えてきて、キャンドルブッシュに依存してしまうようになってしまいます。

つまり、便秘が改善されたと思ってキャンドルブッシュ(センノシド)の摂取をやめた途端、今まで以上にひどい便秘になる可能性が高いということです。

体が下剤に慣れてしまう前に、常用をやめることが必要です。


キャンドルブッシュはNG!

キャンドルブッシュの副作用 もともと「センノシド」は、下剤に使われている成分です。ですからサプリやダイエット茶のような継続的な摂取には向いていません。下剤効果と依存性が高く、おなかを壊してしまったり、キャンドルブッシュなしでは排便できなくなったりする可能性があるためです。

最近は特に、「キャンドルブッシュ」が含まれるダイエット茶が人気です。 それをうけて、国民センターから「キャンドルブッシュ」飲みすぎると下痢になる可能性がある、とあわてて注意勧告しています。
国民センターの注意勧告(キャンドルブッシュの調査報告)

国民センターの報告によると、下痢になるだけではありません。
  • ・腹痛や吐き気・嘔吐
  • ・腹鳴、腸閉塞、腸管穿孔、
  • ・虚血性大腸炎、低カリウム血症
  • ・発疹、めまい、一過性の意識消失
などの副作用までも指摘されています。

さらに動物実験では
  • ・肝機能への悪影響
までも確認されています。

恐ろしいですね。この「キャンドルブッシュ」、破壊力がありすぎです。

たしかにむくみを解消しながらダイエット効果も得られるのは魅力的ですが、強すぎる副作用によって健康状態を損なってしまっては元も子もありません。キャンドルブッシュは危険な成分です。

むくみサプリを選ぶ際はキャンドルブッシュを使った商品は絶対に避け、安全性の高い成分のみを含んだものを選びましょう。


むくみサプリなら、キャンドルブッシュを含んでいないものを摂取するのが一番いい!

そうは言っても、しつこい便秘やむくみでモヤモヤした毎日に苦しんでいる人は多いはず。多少の懸念があったとしても、サプリで手軽に解消できるとなると、なかなかやめられないものです。


だったら、やることは単純です。
「キャンドルブッシュを含んでいないむくみサプリ」を摂取するようにしましょう!

たとえばデトックス作用のあるカリウムや血流を改善するポリフェノールなどの成分がおすすめです。ダイエットには、安心・安全なサプリメントを使いましょう。

キャンドルブッシュを含んでいない安心・安全なむくみサプリなら、他にもたくさんあります。 (ちなみにこの「キャンドルブッシュ」以外にも「メリロート」も危険なので避けたほうがいいですよ)

今回は、むくみ解消に良いといわれているサプリメントをご紹介して、比較してみました。

「するるのおめぐ実」は、デトックス効果の高い「明日葉」「トウモロコシのひげ」が含まれています。むくみ解消のためには、一押しのサプリメントと言えるでしょう。

デトックス成分
(2点満点)
脂肪燃焼成分
(2点満点)
成分の内容量
(2点満点)
商品の価格
(2点満点)
総評

(8点満点)

するるのおめぐ実

明日葉、とうもろこしのひげ

赤ぶどう葉(ポリフェノール、ビタミンE

360mg(1粒)

初回980円 3,150円


アシスラ

塩化カリウム

ショウガ末

カリウム100mg(1粒)

定期3200円


スイカデトックスナビ 

すいか

なし

約90mg(1日あたり)

4800円


マロニエ&メリロート


マロニエ、メリロート

ヒハツエキス、セイヨウタンポポエキス

230㎎

2200円


ドレナージェS


メリロートエキス末

赤ワインエキス末、L-シトルリン

不明

1980円

スマホの場合、表は右(→)にスライドします

もっと多くのむくみサプリを一目で比較したい場合は、こちらの一覧表もチェックしてみてください。

一目でわかる!人気40種類のむくみサプリの全成分調査表はこちら。



キャンドルブッシュの効果と副作用まとめ

 キャンドルブッシュは下剤効果があるため最初は効くように感じるかもしれませんが、下剤に頼るクセがつくと排便力が落ちてしまい、下剤に頼らなくては排便できなくなってしまう可能性があります。

 また、腹痛や吐き気、嘔吐などの症状も報告されているため、むくみサプリを選ぶときはキャンドルブッシュが含まれていないむくみサプリを選ぶようにしましょう。

 キャンドルブッシュに代わる安全でむくみにいい成分としては、カリウムがオススメです。カリウムは明日葉やトウモロコシのひげに豊富に含まれます。

 むくみは体内に溜まった余計な水分が原因となっていることが多いため、余分な水分を体外へ排出するカリウムを摂取することで、自然とむくみにくい体を維持できるようになります。



むくみサプリを評価!

むくみサプリを安心な成分で評価しました!

むくみサプリの副作用あり成分

むくみサプリの成分チェック

人気のむくみサプリの評価

むくみの基礎知識

するるのおめぐ実を体験!

人気のするるのおめぐ実を徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ