トップページ >  むくみの基礎知識 >  むくみで体重が増える?

体重が増えるむくみの原因と解消法

むくみで体重が増える原因は?浮腫だけでどれくらい太るの?

むくみで体重がガッツリ増えることがあるの?

何故むくみで体重が増加するのか?

人間の体には大量の水分が蓄積されており、その水分があるからこそ肌のハリや血液の流れなどを正常に保つことが出来ています。

水分自体は尿や汗として体外に排出されるため、一定以上の水分が体内にとどまる事はありません。
しかし体の代謝が悪くなってくると本来体外に排出されるべき水分が体内に残ってしまうことになり、それが体重増加とむくみの原因になってしまいます。

むくみとは余分な水分で体がパンパンになっている状態、体重増加は水分が留まった分だけ体重が増えたということになります。


何故水分が体内に留まってしまうのか?

体内に余分な水分が留まってしまうとその水分の影響によりからだにはむくみという症状が現れてしまいます。

これは簡単に言えば細胞が体内に留まったため膨張してふやけている状態と考えると分かりやすいのではないでしょうか。

水分が体内に蓄積されてしまうと細胞と細胞の間には水分が満たされた状態となり、見た目にも肌が張ったような状態になっていきます。

本来であれば排出されるべき水分が体内に留まることで体は水により膨張した状態になり、それがむくみという症状で体に現れてきます。

水分が体に留まる原因として最も考えられるのは、体全体の代謝が落ちているということが考えられ、代謝が落ちることによりリンパの流れや血流の流れも悪くなりますので、体内には水分や老廃物が溜まってしまいむくみと体重増加に繋がります。


水分が留まることでどれくらい体重が増えるのか?

体内に余分な水分が留まることで果たしてどれくらいの体重が増加するのかというと、一般的な成人が1日に排出する水分は約2リットル程度と言われています。

水は2リットルで約2キロの重さがありますから、体が正常な状態であれば1日に2キロ程度の体重の増減があることになります。

しかし代謝が悪くなり体の中に水分が蓄積されて排出されない場合、その水分量である2キロ程度の体重増加に繋がることも考えられます。

その状態で更に水分を摂取して排出されなければ、更に摂取した水分も体重増加に拍車をかけることになります。


女性の場合は生理前や生理中にもむくみや体重増加になる場合も

体内に留まった水分がむくみや体重増加の原因となりますが、女性の場合は生理前になるとこのむくみや体重増加が顕著に現れる場合があります。

これは生理前にはホルモンバランスの乱れなどが考えられますし、体内に水分を蓄えようと通常よりも多くの水分が排出されずに蓄積されることになります。

そのため生理前になるといつもより体がむくんでいる、生理中に体重が急に増加したといった状態を引き起こすことになります。

この場合でも1キロ~2キロ程度の体重増加になることが多いです。


血流の流れで脚に水分が大量に留まることも

むくみの症状が現れやすいのが脚の部分で、脚でも特にふくらはぎには水分が蓄積されやすくなります。

その為水分がふくらはぎに溜まる事で脚の辛いむくみという症状を引き起こしてしまうことになるわけです。

ふくらはぎの場合、心臓から最も遠い場所にあるため血液の流れが滞りやすい場所ですし、血流が鈍くなると言うことはそれだけ老廃物や水分が溜まり易い場所でもあります。

ふくらはぎに水分が滞った場合でも、1キロ程度の体重増加になることがありますし、そうなるとふくらはぎのむくみも非常に酷い状態になってしまいます。


むくみを解消して体重増加を防止する方法まとめ

体重管理にはむくみの対策も必要

むくみを解消するためには?

体全体のむくみを解消するためには血流の流れを改善する必要があります。
血流が改善すると体を巡る血液の流れに乗って老廃物や水分が排出されやすくなりますので、まずは血流を改善することが先決です。

血流を改善するためには体を動かし代謝を活発にすることが重要となりますので、空いた時間にウォーキングなど有酸素運動を行うといった対策をすれば、代謝アップにもなりますし血流も良くなり水分が排出され体重も減少することになります。


マッサージを行いリンパの流れをスムーズに

むくみの原因はリンパの流れも滞ってしまっているためで、リンパの流れを改善することで体重を減らしむくみを改善することができます。

特にふくらはぎや顔のむくみの関しては、あぁリンパの流れに沿って水分や老廃物を押し出すようにマッサージすると滞っていた水分などがリンパの流れに乗って体外へ排出されやすくなります。

そうするとむくみも解消されますし体重も水分が排出されて軽くなるでしょう。


慢性的な代謝の悪さには漢方薬の利用も

体の代謝が慢性的に悪い人の場合、その慢性的な代謝の悪さを解消しない限りむくみや体重増加が解消されないことになります。

そのためまずは体の代謝を改善できるように運動などを行うことが必要ですが、なかなかそれだけではむくみや体重増加を解消できない場合もあります。

その場合は体の血流や代謝を改善できる漢方薬を利用するのも選択肢の一つと言えます。

漢方薬の場合継続して使用し続けないと効果が出ませんが、体に優しい成分ですし継続利用することで体の内部から改善することが可能になります。


慢性的にむくみなどで悩んでいる場合は漢方薬を取り入れると悩み解消の手助けとなるでしょう。


食生活改善でむくみと体重増加を解消

日頃からアルコール摂取率が非常に多い人の場合、むくみや体重増加が顕著に現れます。

これはアルコールにより失われた水分を体が補おうと大量に水分を溜め込むためです。

塩分が多い食事の人も塩分の摂り過ぎで水分を体に溜め込みやすくなりますので、必然的に水分によるむくみや体重増加がおきやすくなります。

その為日頃の食生活を改めることもむくみや体重増加を解消するためには必要不可欠となります。

その場合にはカリウムなどを含む食事を摂ると塩分を排出しやすくなり体内の水分量も適正に保てますし、アルコールに関しても飲みすぎに注意すれば水分を余分に溜め込むことは無くなります。


サプリを有効利用してむくみと体重増加とサヨナラを

体重増加やむくみの原因となるのは体内に溜まってしまった水分ですが、この水分を排出するために効果があるのがサプリの利用です。

現在むくみを解消したり水分を排出する効果があるサプリがたくさん販売されていますので、それを利用することで体重増加などを解消することが出来ます。

出来れば食事などの改善でむくみなどの解消を行うのが理想ですが、なかなか時間も取れないし不規則な生活になりやすい場合はカリウムサプリなどむくみに効果のあるサプリを利用してみると良いでしょう。

その場合には用法と容量を正しく守って利用すること、効果のあるサプリを見極めることが重要となります。


むくみ防止に効果のあるサプリメントの選び方

前述のとおり、むくみにはカリウムが持っている塩分・水分の排出効果が良いとされています。

また、カルコンには血流を改善する効果があるので、このような成分も入っているとより効果的です。

サプリメントは漢方薬と違い、「むくみ」を特に意識した配合になっていますが、注意しなければいけない点もあります。

それが副作用がある成分の配合です。
むくみが解消されても、体の機能が低下してしまう場合があります。

たとえば「メリロート」は血流をよくする効果で知られていますが、肝機能障害を引き起こし、頭痛や倦怠感などの原因となる副作用があります。

また「キャンドルブッシュ」は便秘解消成分といわれていますが、これは本来下剤に使われる成分で、サプリとして常用するには向きません。

飲み続けると、腹痛や吐き気、自然排便力が弱まるなどの危険性があります。

健康に悪影響を及ぼす可能性があるので、これら2つの成分が含まれていないむくみサプリを選んでください。

安全でむくみに効果的なサプリメントは?人気サプリの成分を比較!


多くのむくみサプリを一目できる、こちら↓の一覧表をチェックしてみてください。

一目でわかる!人気20種類のむくみサプリの全成分調査表はこちら。


まとめ

いかがでしょうか?

体重というと脂肪のイメージが強いですが、むくみだけで2キロ以上増加してしまう場合もあります。
心当たりがある方は、ぜひむくみ解消にも意識を向けてみてください。

慢性化してしまったむくみは治すのに時間がかかるかもしれませんが、できるところから生活習慣を改善していきましょう!


むくみサプリを評価!

むくみサプリを安心な成分で評価しました!

むくみサプリの副作用あり成分

むくみサプリの成分チェック

人気のむくみサプリの評価

むくみの基礎知識

するるのおめぐ実を体験!

人気のするるのおめぐ実を徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ