トップページ >  むくみの基礎知識 >  足のひどいむくみを取る方法

足のむくみがひどい!足のむくみを取る方法~原因と解消法【足ダイエット】

足のむくみの原因

足がむくんでしまう5つの原因は?

 オフィスワークの帰り際などに、足がむくんでいると感じたり、夜お風呂で足がパンパンになっていると感じることはありませんか?

 むくむといつもより足が重く感じますし、スカートや細いパンツをはくときには、見た目も気になりますよね。

 ここでは、足がむくむ原因の5つとその解決方法を調べました。足のむくみが気になる方はチェックしてみましょう!

血液の循環の悪化が原因

 足のむくみの原因は、水分が足に溜まってしまったことにあります。

 普通なら、この水分は静脈などに流れては体内を上手く循環するので、むくみなどの症状が出ることがありません。しかし、ずっと同じような体勢でいますと、1番心臓から下にある足に、そのむくみが出てしまうのです。

 重力もかかりますから、水分がより下へと流れては、溜まってしまうわけです。


運動不足での足の筋肉が衰えが原因

 運動不足により、筋肉が衰えることでもむくみの原因となります。筋肉というものは、血液の流れを促す働きがあります。血液の循環を促すためには、筋肉が収縮することで上手く流れるようにサポートするわけです。その筋肉が運動不足により、その機能が衰え、水が足に溜まり易くなるのです。


腎臓や肝臓の機能が低下することが原因

 むくみとなる原因の1つに、肝臓や腎臓の機能が上手く働かなくなることでむくみとなることもあります。加齢や病気により、その機能が低下してしまい、むくみがおきやすくなります。

 肝臓の病気になると、アルブミンが生成しにくくなります。それにより、動脈を通る水分が血管の外に出ては戻りにくくなることで、足のむくみにつながるのです。

 腎臓の病気になりますと、身体の中にある、とりすぎた水分を尿にしては体外に出すという機能が低下することで、やはり足のむくみとなります。


疲れが原因

 疲れがたまると足に老廃物がたまりやすくなり、むくみとなります。また、心臓がポンプの役割を果たし、血液を流しているわけですが、それが動脈を通じては水分と栄養を細胞へと送ることで、私達の体は動くことができるわけです。

 心臓が元気なときにはその流れもスムーズなのですが、疲れで体力が落ちているときは心臓の機能も低下しやすく、上手く細胞内で必要がない水分がスムーズにリンパ管に戻らなくなります。それにより、むくみの症状があらわれるのです。


塩分を摂り過ぎる

 味付けが濃いとか高カロリーが好きという人に足のむくみが多いですが、これは塩分の摂り過ぎですね。

 調味料を付けないと美味しいと感じられないという人にも多く、舌が濃い味付けに慣れてしまっているのです。だから、ついつい調味料をたっぷりとかけては、塩分を多く摂ってしまうわけです。

 コンビニ弁当や惣菜、ファーストフードにも塩分が多く含まれていますから、ついつい食べ過ぎてしまう人は注意が必要です。


足のむくみを解決する5つの方法!~30代40代のアンケートから分かったこと

足のむくみを解決する方法  足のむくみは、それに対応した方法を意識することで、和らげることができます。先ほど挙げた5つの問題点と対応する5つの解決方法はこちらになります。


足のツボ押しと太もものリンパマッサージを行う

スッキリとした細い足、女性なら誰もが願ってやまないテーマではないでしょうか。ところが疲れが溜まってくる夕方になると、意に反してむくみがち。これは足に溜まった老廃物を押し戻す力が低下するからです。老廃物を溜めないツボ押しで、ひきしまった足にしましょう。
引用元:ツボ道場

 むくみとりには、足つぼを刺激することも効果的です。
 足つぼを刺激すると、血行が良くなって代謝が活発になります。代謝が活発になると、余分な水分を体外に排出する力が強くなり、むくみの改善に繋がるのです。

 しかし、足の裏には無数のつぼが存在しています。どのつぼがむくみに効果があるのか、わからなくなってしまうことがあります。そうしたときは、どのつぼにどのような効果があるのかが書かれているヘルスフットボードを使いましょう。それぞれの効果が一目でわかるようになっており、ヘルスフットボードに足を乗せるだけで、突起がつぼを刺激してくれるのです。

 ただし、つぼを押すと、ときどき、とても痛いことがあります。つぼ押しの効果が出ている証拠ですが、やり過ぎると強く痛みますので、自分のペースでほどほどに刺激するようにしましょう。

特に太ももは、リンパの流れが滞りやすく、むくみやすい部分であるだけでなく、余分な脂肪がつきやすいという特徴があります。

足のむくみを解消するためには、太もものつけ根(そけい部)にあるリンパ節からマッサージをして、足全体のリンパの流れを改善しましょう。

 足の裏のツボ押しと並行して、太もものつけ根からふくらはぎを押していくマッサージも行いましょう。体をほぐすことで血流が良くなり、老廃物を排出する手助けになります。脚も綺麗に痩せさせることが出来ます。


 お風呂場でソープを体に塗って洗う時には足首からふくらはぎ、太ももに手の平で何度か撫でるようにして洗いますと、快適にむくみ解消ができますよ。


運動をして血液の循環を改善しよう

脚痩せの成功した方法まとめ  むくみの原因には、代謝が落ちてしまったことによる体力不足が挙げられます。運動量が減れば、それだけ代謝も落ちてしまうのです。体力や筋力をつけるために運動をして、血行を良くしてみましょう。

 水泳でクロールをして両足をバタバタと動かしたり、マラソンやウォーキングなどの有酸素運動が効果的ですが、現代社会では忙しくて運動のための時間が取れないという方もいらっしゃるでしょう。

 その場合は、なるべく徒歩や自転車で通勤するようにするといいでしょう。歩くことで、体にあまり負担をかけずに足の筋肉を鍛えることができます。ウォーキングは足首に簡単な重りを付けたり、自転車はギアを重くして負荷をかけるとより効果的です。

 通勤方法を変えられない方は、階段を使うようにするといいでしょう。階段を使うことで太ももからふくらはぎも使うことになりますし、膝を曲げるという動きは、より膝を鍛え、ふくらはぎの筋肉に負荷をかけられて、短時間で鍛えることができるのです。

 仕事の合間にストレッチをするのもオススメです。小さな積み重ねにより、むくみを改善することが出来ます。

 その場でできる運動なら、立ったままの体勢で両膝を軽く曲げては伸ばす運動を50回ほどすると効果的です。

 座っている時には両足の踵を地面に付けた状態で、足先を上下に動かすという運動を10分程度やりますと、ふくらはぎの筋肉をほどよく鍛えることができます。


冷たいものを控え、むくみとりソックスを履く

 ほどよい温かな飲み物や料理は、腎臓や肝臓への負担を減らしますから、機能も高まり、足もむくみになりにくくなります。
 また、腎臓や肝臓を考えるのなら、野菜を中心とした料理を食べるように心がけましょう。メタボリックシンドロームになりにくくなり、自然とこれらの臓器に負担をかけずにすみます。

 腎臓や肝臓を元気にするヘルシーな牡蠣や蜆を取り入れた料理を食べるようにするといいですよ。

 また、むくみに悩む方にむけて、むくみとりをしてくれるソックスが売られています。このソックスは履くだけで血行を良くしてくれるので、むくみ改善に効果があるのです。

 ドラッグストアやスーパーなどの身近なところで売られており、価格も100円からと大変安くて手に入れやすいのです。特に立ち仕事で長時間立ちっぱなしの方に、おすすめのアイテムです。


塩分を抑えた手料理を作って食べるようにしよう

脚痩せの成功した方法まとめ  足のむくみを取る方法としては、塩分を控えましょう。醤油や味噌は刺身の先端にちょっちょっと付ける程度でいいです。

 鰹節をたっぷりと入れてはダシをとるようにすれば、醤油や味噌の量を減らすことができます。また、焼き物ならば食べる時に醤油やタレを付けて食べた方が、より味をしっかりと感じるようになり、少しの量でも美味しく食べることができます。

 何もつけなくても、そのままで美味しい食材を使うのもポイントですね。きゅうりやトマトは何も付けない方が、その食材の旨みを楽しめます。

 肉や魚はフライパンでオリーブ油やエゴマ油で焼き、バジリコやブラックペッパーなどを振り掛けると塩分を抑えられます。ヘルシーで足ダイエットにも最適です。

 また、塩分は水分と一緒に出してしまうことが可能です。

 むくみとりに効果のある食べ物を積極的に食べることで、むくみを解消することが出来ます。
 むくみを取るために、カリウムを摂取して利尿作用を助けることで、むくみは改善されます。
 カリウムが豊富に含まれている食べ物をご紹介します。

 アサリには、塩分を排出する働きがあるカリウムが豊富に含まれています。他にもビタミンB12や鉄分が貧血予防をしてくれるのです。クラムチャウダーにすると美味しく食べることが出来ますよ。
 ワカメや昆布などの海藻類にも、カリウムが豊富に含まれています。腎臓疾患、心臓病、高血圧のむくみに効果があります。ワカメや昆布はスープにすると美味しいですよ。たくさん食べるようにしてみてください。
 スイカなどのウリ科の野菜にも利尿作用があり、余分な水分を体外に排出する手伝いをしてくれます。他にも体に必要なビタミンなどが多く含まれています。

 果物だとバナナも有名ですね。トウモロコシのひげはお茶にして飲むこともオススメです。

例えば、むくみに効く食べ物には、スイカ、きゅうり、メロン、冬瓜、バナナ、キウイフルーツ、小豆、みどり豆、アサリ、海藻類などがあります。

むくみとは、体の組織内の水分量が増えた状態?の事を言います。その原因としては、例えば腎臓や肝臓、心臓等の機能低下であったり、栄養障害や血行障害によっても引き起こされます。

ずっと、立ち仕事をしていたり、睡眠不足、過労、女性の方だったら月経時や、妊娠時にむくむ事もあります。
引用元:健康応援・COM


むくみとり漢方薬を飲む

 漢方薬は昔から伝わる薬で、むくみに効果のある漢方薬もあります。
 仕事でずっと立ちっぱなしの方には、「防已黄耆湯」という漢方薬が良いでしょう。この漢方薬は疲れやすくて汗っかき、風邪を引きやすい人におすすめです。ダイエットにも効果があります。

 体に余分な水分を溜め込んでしまう人には、「猪苓湯」が良いでしょう。余分な水分を体外に排出する効果があります。食欲不振や吐き気のある方にも効果があります。

 体が冷えることでむくんでしまう人には、「牛車腎気丸」が良いでしょう。冷え症を改善させることでむくみも同時に改善してくれます。代謝が良くなり、体力があまりない人や冷え症に悩んでいる人におすすめの漢方薬です。

 ただし、漢方薬というと高いイメージや苦いイメージをお持ちの方も多いでしょう。そのような場合には、むくみ対策のサプリメントを摂るのがオススメです。

 サプリメント形式なので味が気になりにくく、漢方よりもコスパを抑えられるものも多くあります。


足のむくみを解決するサプリメントの選び方

 足のむくみは水分が溜まってしまうことが多いため、特に水分のデトックス効果があるカリウムの入ったサプリメントがオススメです。

 カリウムには、細胞の浸透圧を維持調整する働きがあり、バナナ・アサリ・豆類などに多く含まれています。通常の食事だけで摂取するのは、水にとけるという性質があるため、調理方法の工夫が必要です。サプリメントも利用しながら摂取することが効果的です。

 むくみサプリに使われているカリウムが豊富な食べ物としては、明日葉、トウモロコシのひげ(コーンシルク)、スイカなどが多いです。

 また、血液のめぐりが悪くなっていることも原因となるため、特にクーラーのキツい夏場のオフィスや、朝夕の冷え込む冬場では血行促進効果がある明日菜や赤ブドウの葉が入ったサプリメントを選ぶとよいでしょう。明日葉はカリウムも豊富なのでむくみとりに非常に良い成分です。

 「メリロート」は、肝機能障害を引き起こす「クマリン」が入っています。日本ではクマリンの基準は海外より緩いため、ヨーロッパでの限界服用量の2倍以上の量を毎日飲んでしまう可能性があります。

 「キャンドルブッシュ」に含まれる「センノシド」はもともと下剤に使われる成分なので、むくみ解消目的で摂るには効果が強すぎます。むくみは体内に溜まった水分が原因なので、水分を排出するカリウムの入ったサプリを選びましょう。

 脚痩せの効果は、しばらく継続することで実感できてきます。脚痩せのためには、最低でも一ヶ月は飲み続けることが必要ですので、続けることができるかどうかもポイントになってきます。
 効果が高く価格が安いサプリメントを選んで、継続していきたいですね!


人気むくみ解消サプリの成分を比較

 たくさんのサプリを「デトックス(水分排出)成分」「脂肪燃焼成分」「成分の量」「価格」で比較できる一覧表を用意しました。カリウム豊富で血行も良くしてくれる「明日葉」などが含まれるサプリメントもひと目でわかるようになっています。

人気40種類のむくみサプリの全成分調査表はこちら!



足のむくみをとる方法まとめ

 いかがでしたか?
 足のむくみの場合、水分が溜まってしまっていることが原因であることが多いです。机の上で作業することの多い方は、適度に席を立つだけでも血のめぐりがよくなるはずです。

 他にも、お風呂場でのマッサージや溜まった水分を出してくれるサプリメントなど、出来ることがあればぜひチャレンジしてみてください。
 脚痩せしてくると、すっきりとした気分で、好きな服を着て外出できて、毎日が楽しくなると思います。



むくみサプリを評価!

むくみサプリを安心な成分で評価しました!

むくみサプリの副作用あり成分

むくみサプリの成分チェック

人気のむくみサプリの評価

むくみの基礎知識

するるのおめぐ実を体験!

人気のするるのおめぐ実を徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ