トップページ >  むくみの基礎知識 >  むくみにいい漢方

むくみに効果的な漢方はどの種類?いつごろ症状が改善されるの?

むくみに効く漢方いろいろ

 むくみにいい漢方の種類と名前

五苓散


むくみの原因のひとつは、体内の水分がうまく排出されていないことです。

体のいろいろなところにある余分な水分がうまく排出されないため、必要以上の水分がたまってしまい、むくんでしまうというわけです。

五苓散には体内の水分循環を改善してくれる効果があり、これに伴って利尿効果を発揮してくれるため、こうした不要な水分を効果的に体外に排出してくれ、これによってむくみを解消してくれるというわけです。

体内には十分な水分があるはずなのに、口が渇き、尿の量が少ないというケースではオススメできる漢方薬です。


猪苓湯


猪苓湯も利尿効果によってむくみを解消するタイプの漢方薬です。

こちらは体内の水分排出を促進するとともに、尿路の腫れをひかせることによって、排尿そのものをスムーズにしてくれるタイプの漢方薬です。

残尿感があったり、尿の出が悪くなっていたりする場合、尿がしっかりと排出されておらず、余分な水分が体内にたまってしまっている可能性があります。結果として、体内でたまった水分はむくみを引き起こしてしまいます。

疾患で腎機能が衰えてしまうとむくみが生じるのも、肝機能の衰退とともに体内の利尿作用が衰えていくためです。

猪苓湯を服用することで尿の通り道をしっかりと確保し、むくみを防止してあげましょう。


茵陳五苓散


この漢方薬にも体内の水分循環を改善させる成分が含まれています。

このため、体内の余分な水分を排出してくれる効果があり、むくみ改善に役立ってくれるというわけです。

この水分循環の改善は、腎臓の機能を改善させる「茵陳蒿」という成分が含まれていることによるものです。

上にも書きましたが、腎機能障害はむくみの原因のひとつになっており、これを解消させることによってむくみも解消するというわけです。

上記の五苓散と同様、口の渇きと尿の減少が伴うむくみに向いている漢方薬です。


八味地黄丸


東洋医学では「冷えは万病のもと」とされ、体が冷えると体内の水の循環が悪くなるとされています。
実際、西洋医学においても冷え性は血液やリンパの循環不良が原因とされています。

循環不良は体のある部分に余分な水分があっても、他の場所にうまく移動してくれませんので、結果として排出もうまくいかなくなってしまうため、むくみの原因になっています。

八味地黄丸は冷えを防止することで血液やリンパの循環を良化させ、これによって余分な水分を効率的に排出させ、むくみを解消してくれるのです。

ただ、八味地黄丸は基本的に体が弱っている人に処方されるものですので、体力がある人や暑がりな人には必ずしも向いていません。

胃腸の弱い人も、使用については慎重になるべきだとされています。


牛車腎気丸


牛車腎気丸もどちらかといえば、体力が衰えている人や、高齢者向きの漢方薬です。

体力をつけさせ、下半身の衰えを防止する働きがあるからです。

ただ、その効能の中に体内の水分の循環を良くするというものがあるところが注目点です。

東洋医学では、水分の循環にかかわる「腎」の働きを助け、血行を良くしてくれる働きがあるとされています。

これは血行良化と利尿という、むくみ解消に必要な働きと完全に一致しています。

むくみがあり、なおかつ体力が衰えているという人にとっては、これほどピッタリの薬もないといってもいいのではないでしょうか。


防已黄耆湯


仕事などで長時間にわたって立っったままでいると、むくみの原因になってしまいますよね。

これは立った状態を続けていることで足の血流が悪化してしまい、余分な水分の排出がうまく行われなくなってしまうからなのです。

防已黄耆湯は、体の水分循環を改善する効果があり、これによって立ち仕事でできてしまった足のむくみの解消に役立ってくれるというわけです。

汗をかきやすい人、色白で太りぎみの人には効果的だとされています。

また、むくみの原因のひとつである腎臓疾患にも効果があるとされているのも心強いところではないでしょうか。


真武湯


真武湯の効能は、体を温めることによって痛みを取ることです。

実は体を温めることは、血液やリンパの循環を良化させることを意味しています。

体が温まれば循環は良化し、循環の良化によってさらに体が温まってくれるというわけです。

循環が良くなった結果、体内の余分な水分も腎臓へとしっかり流れてくれることになり、しっかりと排出されるようになってくれるというわけです。

むくみは体内の余分な水分によって生じるものですから、これがなくなればむくみは解消されるというわけです。


むくみ対策に漢方薬を取り入れるデメリットって?

むくみにいい漢方の種類と名前

漢方薬は通常の薬とは異なり、体が本来持っている機能や自然治癒力を引き出す作用を持っています。

そのため、効果が目に見えるまでに時間がかかってしまうことがネックです。
長い場合は、体質が改善されるまでに半年以上飲み続ける必要が出てくるわけです。

中には苦いものも多いので、継続するのが大変......という人も多いでしょう。

それから、個人の判断で選ぶのが難しいという面もありますね。

上記のように「むくみ解消」だけでもさまざまな種類がありますが、これらは本来症状ではなく、患者さんの体質に合わせて調合されるものです。
中には「向いていない漢方」というものもあります。

自分に最適な漢方を選びたいなら、漢方医への相談が不可欠になるというわけですね。

中には怪しいものもありますが、手軽に購入できますし、成分をしっかり確認して選べば、ちゃんと効果が得られます。

もし手っ取り早くむくみ体質を解消したいなら、サプリメントを使うという手もあります。

むくみに効果的なサプリの選び方

サプリは漢方に比べてより早くむくみの解消効果が出る傾向にありますが、サプリならどれを選んでもいいわけではありません。

むくみ解消サプリを上手に選ぶポイントは、商品同士を比較することです。商品単体を見ても成分が優れているか、価格が妥当かどうかはイマイチ見えてきませんが、様々な商品を同時に比較することで、優れた商品が一目瞭然となります。

当サイトでは30種類以上の人気サプリを4つの評価軸に基づいて比較しています。むくみサプリに少しでも興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください!

一目でわかる!人気30種類のむくみサプリの全成分調査表はこちら。




むくみサプリを評価!

むくみサプリを安心な成分で評価しました!

むくみサプリの副作用あり成分

むくみサプリの成分チェック

人気のむくみサプリの評価

むくみの基礎知識

するるのおめぐ実を体験!

人気のするるのおめぐ実を徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ