トップページ >  むくみの基礎知識 >  短期間で足痩せする方法

【足痩せ】短期間で簡単に足が細くなる方法

短期間で足を細くする方法  足がむくんでいるせいで、立っていたり、靴をはくのがつらい、着たい服を着ることができない、とお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。
 足のむくみをとって、短期間で足を細くするのは、実は難しい方法ではありません。

 今回は、短期間で簡単に足が細くなる方法を6つご紹介したいと思います。これを実行すれば、もう着たい服を着ることができない、なんていう悩みはなくなると思います。さっそく今日から実行してみてください!

脚のマッサージを行う

 筋肉は、水分や老廃物を体内で循環させ、排出する役割を担っています。そのため、筋肉の量が少ないと循環させる力も弱まり、水分や老廃物が溜まりやすくなってしまいます。

 血液中の水分が血管やリンパの外に出て、皮膚の下に溜まった状態を、一般に「むくみ」と呼びます。女性は筋肉量が少ないため、むくみが男性に比べてあらわれやすい事が知られています。むくみが特に顕著に表れるのが、顔と脚です。したがって、むくみを解消することが脚痩せにつながるのです。

 むくみを解消するには、マッサージが効果的です。マッサージによって凝り固まった筋肉や脂肪を解きほぐし、脚に溜まった血液やリンパ、老廃物の流れを促すことができます。

 リンパマッサージでも特に効果があるとされるのが、太ももに対してのリンパマッサージです。太ももの付け根部分にあるリンパをマッサージする事によって、リンパの流れをよくすることができます。
 足のつけねのあたりを手のひらで抑えるようにして刺激する事で、マッサージ効果を得られます。

 太もものマッサージが行き届けば その後はふくらはぎや足裏のマッサージをする事によって下半身全体をマッサージできるので、下半身をスマートにしてくれます。

 このとき、マッサージは下から上に向かって行うようにして下さい。これによって、下から上へは流れにくい血液やリンパ液の停滞を防ぐことができます。

 マッサージをするのは入浴後が最もおすすめです。入浴後は、血液の流れが良くなっているので、マッサージの効果がより高くなります。

脚痩せマッサージを行う方向についてですが、これには注意が必要です。
マッサージは常に、下から上に向かって行うようにして下さい。

リンパ液や血液は上から下に向かって流れやすく、下から上へは流れにくいので停滞が起こりやすくなってしまうのです。
下から上へと刺激を与えることで、この停滞を止めることができます。


歩き方を見直す

 日常的なことですが、歩き方も脚痩せには大きく関係してきます。
 早足や、前のめりなどバランスの悪い姿勢で歩くと、脚に負担がかかり、脚の筋肉に「凝り」が生じます。これによりリンパ・血液の循環といった代謝が滞り、結果として脚に脂肪や老廃物が蓄積されるようになってしまうのです。

 そのため、歩くときには、かかとから着地する、足の指を使って地面を蹴るといったことを意識し、正しい姿勢で歩くようにしましょう。また、自分にあった靴を選ぶことも大切です。有酸素運動として脚痩せにも有効的なウォーキングを行うときにも同じことがいえます。

正しい歩き方をしていると良い筋肉が付きます。
NGな歩き方をすると悪い筋肉が付き、筋肉太りになるというわけなのです。


スクワットによって筋肉を鍛え、基礎代謝を上げる

 足のむくみの原因は、運動不足であることが多くあります。
 特に、女性の足のむくみは運動不足の影響が考えられます。運動不足のために足の筋力が弱まってしまっていて、筋力不足のために代謝が上手くいっていないからです。

 このような場合には、スクワット、ランニング、ウォーキングなどを心がける事によって足の筋力がアップして、血液循環や体の代謝を正常に戻すことが出来ます。筋力アップさせると、体内のエネルギーを消費する力を向上させるので、不要な物質が体内に溜まりにくくなります。

 特にスクワットは、脚やお尻などの下半身だけでなく、脂肪の付きやすいお腹周りや、背中も鍛えることができる効率的なトレーニング法です。

 筋肉をつけることで逆に脚が太く見えてしまうのでは...と心配な方もいるかもしれませんが、筋肉量が多い方が脂肪は燃焼しやすく、また基礎代謝を上げることができるため、筋肉を付けることは脚痩せにはとても大切なのです。

 運動が苦手だという人も、家の中で、スクワットや階段の上り下りといった軽い運動をするだけでも、全く運動をしないのに比べて、かなりのむくみとり効果があります。

次に、一時的なむくみ解消法ではなく、根本的な解決法についてお伝えします。
足のむくみを根本的に解決する方法は、『定期的な運動の習慣を付ける』ということです。
これによって、筋肉の増強にもなりますし、筋肉を動かすことによる筋ポンプ作用を促すことにもつながります。
また、むくみ以外にも"脂肪を落として足を細くする"ことにもつながりますしね。
一番良いのは、ランニングやウォーキングを毎日行うことですが、中々運動を習慣づけするのは難しいので、まずは意識から変えましょう。

 正しいトレーニングをすれば、太っているようには見えない美しい筋肉をつけることができます。

 スクワットは簡単そうに見えますが、実際にはかなりきつくて体に負担がかかる運動です。スクワットを行うにあたり注意しなくてはならないのは、背中を丸めないようにすることです。背中を丸めた状態でスクワットを続けると、腰に負担がかかり、腰を痛めてしまう可能性があります。

 また、背筋を伸ばした正しい姿勢でトレーニングを行うことで、背中やお腹の筋肉を引き締める効果も高めることができます。自分に無理のないペースで継続して行い、慣れてきたら回数を増やしていくようにしましょう。


お風呂に入りながらエクササイズを行う

 半身浴は、ダイエットの方法としてもよく知られていますが、入浴しながらできるマッサージやエクササイズは、脚痩せにも効果があります。

 まずはバスタブのお湯とシャワーの冷水に交互に脚を浸すエクササイズ。
  これは脚に付いたセルライトを落とすのに最適です。
 次にバスタブの中でバタ足をするエクササイズ。
  水圧が適度な負荷になり、より引き締め効果を高めます。

 また、筋肉が温められてほぐれているので、お湯につかりながら脚についたセルライトをほぐしたり、リンパ液を流すマッサージを行うと効率的です。

 普段忙しくて運動する時間がないという方でも、バスタイムにリラックスしながらできるのでおすすめです。


ゆっくりした運動で「遅筋」を鍛える

【足痩せ】短期間で簡単に足が細くなる方法  運動による筋肉太りに悩んでいる人の筋肉は、ほとんどが「良質でない」筋肉です。
 運動などをして脚に疲労物質が溜まり、それをケアをせずに放っておくと老廃物に変わり、さらにその老廃物が筋肉を固めてしまうのです。このガチガチに固まった筋肉は、普通のエクササイズではなかなか落としにくいという問題があります。

 筋肉太りを起こさないためには、太りやすい「速筋」ではなく、太くなりにくい「遅筋」を鍛える運動をすることがおすすめです。
 この遅筋を鍛える運動には、ヨガやピラティスなど、ゆっくりした動作で行う運動が挙げられます。また、運動後にはきちんとケアやマッサージを行い、筋肉に疲労物質や老廃物を溜めてしまわないようにしましょう。


長時間同じ姿勢をとらない

姿勢と足痩せ  同じ姿勢をずっととっている事も、足のむくみの原因になってしまいます。
 長時間立ち仕事をしている人は、時間の経過とともに、体の下の方に老廃物が溜まってしまってむくみの原因になってしまいますし、じつは、座り続けていることも、むくみの原因になります。

 長時間座り続けていることで、椅子に圧着している部分が血液の循環を妨げてしまって老廃物が下半身に溜まりやすくなり、足がどんどんむくんでしまうのです。
 このような場合には、姿勢を少し変えてみるのがおすすめです。ずっと立ち続けている場合には、少し座ってみたり、歩いてみるだけでも、むくみ取りの効果があります。ずっと座っている場合には、逆に、立ったり、座りながら足を上下に動かしてみるという動作をする事によって、体全体の血液循環を良くすることが出来ます。


体を冷やさない

 血液の循環が悪いとむくみやすくなってしまいますが、その原因となってしまうものに体の冷えがあります。
 お風呂上りは体が温まって血行が良くなりますが、逆に体を冷やしてしまうと血行が悪くなって老廃物の排出も遅くなってしまい、むくみの原因となってしまいます。

 エアコンの冷房の風に直接あたってしまったり、コンクリートの床で足から冷えてしまうといった場合には、ブラケットを足にかけたり、少し厚着をしたりして、下半身を冷やさないように工夫してみましょう。
 自宅では、冷房の設定温度を少し高めにして、体全体を冷やさないように心がける事によってむくみを防止する事に繋がります。これは節電効果もあって一石二鳥です。床が冷たいときは、スリッパや靴下を履くようにして、足を冷やさない心がけも大切です。


食生活の見直し・改善

【足痩せ】短期間で簡単に足が細くなる方法  女性の身体は、体温が低いと下半身に脂肪を蓄えようとします。
 この脂肪は断熱材のような役割を果たし、子宮を守るので、食事制限をしても簡単に落とすことはできません。冷え体質の人は、太ももやお尻などに脂肪がつきやすくなってしまいます。冷え体質を改善するには、食生活を見直すことが大切です。

 体を冷やしやすい食品には、パンやパスタなどの精製された小麦粉から作られた食品、白砂糖を含む菓子類、バナナやコーヒーなど南国で収穫される食品などが挙げられます。
 もちろん、よく冷えた飲み物は内臓を冷やします。また、加工された食品より、肉、魚、野菜などなるべく本来の形に近いものを食べるようにしましょう。これらは消化する際にもカロリーを消費する、いわゆる形態代謝を上げるので、脂肪の燃焼効果が期待できます。

 さらに、1でのべたように下半身太りには「むくみ」も大きく関係してきます。ナトリウムを過剰に摂取すると、身体が水分を貯めこもうとしてむくみが生じます。したがって、塩分が控えめの食事をするように心がけましょう。また、果物に多く含まれるカリウムは、ナトリウムの作用を打ち消す働きがあるので、意識して摂取することが大切です。

 カリウムは、熱にとけやすく、食事だけで十分な量を摂取することが難しいので、カリウムの含まれたサプリメントを利用してみるのもよいでしょう。サプリメントであれば、手軽に利用できるので、継続しやすいですね。


サプリメントを利用する

 お手軽にむくみを解消させる方法としておすすめなのが、サプリメントを利用する方法です。
 足のむくみに効果のあるサプリメントがたくさん販売されています。

 カリウムを多く含んだサプリメントや、酵素をたくさん配合していて、新陳代謝を高め、老廃物の排出を促進してくれる商品がたくさん販売されています。
 サプリメントは一日1粒の摂取で効果を発揮してくれる商品も多いので、会社勤めでなかなか運動をする事も出来ない、むくみの原因となる環境をなかなか改善できないという人は一度試してみてください。

 サプリメントは種類がたくさんあるので、インターネットの口コミなどを参考に 自分にベストマッチするアイテムを探すとよいでしょう。

足痩せのためのサプリメントの選び方

 足痩せのためには、ポリフェノールが含まれている脂肪燃焼効果の高いサプリメントを選ぶことがポイントです。

 脂肪燃焼効果が高いとして注目されているのは、ポリフェノールです。ポリフェノールは、強力な抗酸化作用があることでも注目されています。
 中でも赤ぶどう葉ポリフェノールは、赤ワインの約100~300倍程度のポリフェノールを含んでいるので、一度は試してみたいサプリメントといえるでしょう。
 ポリフェノールは血流を改善するので、健康にも良いですね。

 足痩せのためには、老廃物を排出し、むくみを予防するために、カリウムも大切になってきます。最近になって注目されてきているトウモロコシのひげは、カリウムが多く含まれ、デトックス効果が高いと言われているので、足痩せのためにむくみを予防するためには、一押しのサプリメントです。

 足痩せのためのサプリメントは、短期間飲むだけでは効果が少なく、最低でも一ヶ月は飲み続けることが必要です。お財布にやさしいサプリメントかどうかも、サプリメント選びには重視したいですね。

 飲み続けているうちに、足が痩せてきて、動きも軽快になってきます。このことで、運動することが、より楽しくなってくるでしょう。ぜひサプリメントを上手に利用して、足痩せ効果を実感してください!

足痩せするサプリの成分を比較

 足痩せするためには、ポリフェノールが含まれている脂肪燃焼効果の高いサプリメントが効果的です。
 今回は、足痩せに良いといわれているサプリメントをご紹介して、比較してみました。

 「するるのおめぐ実」は、脂肪燃焼効果の高い「赤ぶどう葉ポリフェノール」が含まれているだけではなく、デトックス効果が高い「トウモロコシのひげ」成分も含まれています。足痩せのためには、一押しのサプリメントと言えるでしょう。

 また、一時的に足痩せできても生活習慣が変わらないと足はすぐに元に戻ってしまいます。デスクワークなど長時間同じ姿勢でいなくては行けない方は価格もチェックして、コスパが良く続けやすいサプリを選ぶといいでしょう。

一目でわかる!人気40種類のむくみサプリの全成分調査表はこちら。


まとめ

 今回は、簡単にチャレンジできる足痩せの方法をご紹介してきました。どれも、日常生活に取り入れやすく、気軽に試していけるものです。サプリメントで食事の補助をすることで、足痩せの効果も高まっていくと思います。

 細い足を手にいれることができれば、今まで着るのをためらっていた服も着ることができるようになるかもしれません。ぜひ、足痩せの方法を試してみてください。



むくみサプリを評価!

むくみサプリを安心な成分で評価しました!

むくみサプリの副作用あり成分

むくみサプリの成分チェック

人気のむくみサプリの評価

むくみの基礎知識

するるのおめぐ実を体験!

人気のするるのおめぐ実を徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ