トップページ >  むくみの基礎知識 >  むくみを解消する食べ物

食べるだけでむくみ解消できちゃう食材・成分まとめ


むくみを解消する食べ物

カリウムはむくみに効果あり

むくみが起きてしまうと顔が腫れぼったいとかふくらはぎが張って痛い、怠いと言った状態が起きるためむくみを解消する必要が出てきます。このむくみ解消に役立つのがカリウムで、カリウムを含む食べ物を摂取することで体のむくみを解消することが可能になります。

カリウムには体の中の塩分を排出する効果があり、塩分が排出されることでむくみも解消することになります。

体内に塩分が多く存在している場合、体は塩分濃度を薄めるために通常よりも多くの水分を体内に蓄積させる傾向にあり、その為水分量が多くなりすぎてむくみという症状が現れることになります。カリウムを摂取すれば塩分が体外に排出されますので水分も排出できる状態になります。

カリウムを多く含む豆類・イモ類・ほうれん草・海藻類などの果物・野菜を摂取すると効果的にカリウムを摂取することが出来ますので、毎日の食事に豆類などを必ず入れるように心がけるとむくみ防止にも繋がります。

またカリウムを摂取する際の注意点としては、カリウムは水溶性で水に溶けやすいので、素材から出た水分も摂取する必要があります。スープや煮込み料理だと、解け出たカリウムを逃さずに摂取できます。

更に、カリウムは熱に弱い性質があるので、調理の際に加熱しすぎないよう注意が必要です。その点、生で摂取できる果物や野菜はカリウムを効率的に摂取することが可能です。


ポリフェノールはむくみを和らげる効果がある

ポリフェノールが豊富なベリー類 体のむくみを防止するために効果がある食べ物には、ポリフェノールを含む食べ物の効果が高いことが分かっています。

ポリフェノールを含む食べ物としては大豆・カカオ・ワイン・明日葉・緑茶・コーヒーなどにはとても多くのポリフェノールが含まれていますし、ブルーベリーなどもポリフェノールを含む食べ物の代表格といえます。

また明日葉にはポリフェノールの一種である「カルコン」という成分が含まれており、老廃物を排泄する働きがあります。

ポリフェノールを摂取することで何故むくみが解消するのかといえばポリフェノールには強い抗酸化作用があり、その作用により血液をサラサラの状態に戻し体の血流を改善する効果があります。

血流が改善することでむくみの原因となっていた蓄積された老廃物なども体外に排出されやすくなりますので、むくみに関しても解消することができるわけです。


ビタミンB1を摂取してむくみ防止

体のむくみを解消するためにはビタミンの摂取も非常に重要なポイントとなります。その中でもビタミンB1に関しては率先して摂取することでむくみを解消することが可能なビタミンとなります。

ビタミンB1には血液をサラサラにしてくれる効果があり、体内の糖質を分解する作用もあります。糖質は放っておけば脂肪として体内に蓄積され血流を鈍くする原因にもなりますし、糖質から生成される中性脂肪は血液をドロドロにしてしまい血流の流れを妨げ体の中に老廃物を蓄積させる原因にもなります。ビタミンB1を摂取すれば血液をドロドロからサラサラの状態に戻せますので、結果的に血流改善が可能となりむくみも解消することが出来ます。

ビタミンB1を多く含む食べ物としては豚肉やほうれん草などに多く含まれていますし、豆腐にもふくまれていますので継続的に摂取すればむくみ防止にも効果があります。

ビタミンB6で血液サラサラむくみも解消

むくみに効果があるビタミンにはビタミンB6も含まれており、ビタミンB6を摂取することでもむくみを解消できます。

ビタミンB6の効果としてはホルモンバランスを正常に保つ働きとタンパク質を分解する働きがあり、ホルモンバランスに関しては女性の生理前のむくみなどに効果が高いと言えます。タンパク質分解効果に関しては、タンパク質を分解することで体の血管を正常な状態に保ち血流改善が可能になります。

ビタミンB6を多く含む食べ物は鶏肉、豚肉、牛肉などの肉類や、カツオ、サンマ、マグロといった魚類に多く含まれていますので、バランスよく摂取すると良いでしょう。

サポニンがむくみに効き目あり

体のむくみを解消できる成分としてサポニンが非常に効果が高いことが分かっています。サポニンは、植物の根や葉、茎などに含まれる成分で、苦みやえぐみをもつ成分です。

サポニンには利尿作用があるため、体内にある余分な水分を体外に排出してくれる効果があり、水分を排出することでむくみを軽減することが出来ます。

サポニンを含む食べ物には大豆やごぼうがあり、この二つはサポニンを含む食べ物の代表と言えるものです。大豆に関しては加工してある大豆製品でもサポニンが含まれていますので、豆腐や納豆などを摂取することでもサポニンを摂取してむくみを軽減できます。

ただし水溶性で水に溶けやすい性質に加え、油にも溶ける成分があるため、効果的に摂取するには調理法を工夫する必要があります。

またサポニンは水に溶けると泡立つ発砲作用もあるため、ラテン語で石鹸を表す「サポ」から名前が付けられています。サポニンの発砲作用は、植物由来のシャンプーなどにも、天然の界面活性剤として使われており、非常に幅広い働きをしている成分です。


シトルリン

スイカなどに含まれるシトルリン シトルリンには、利尿作用や、血液の流れを良くする働きがあります。シトルリンはキュウリやスイカなどのウリ科の野菜に多く含まれているアミノ酸の一種です。

このシトルリンは、体内で一酸化炭素を発生させ、血管を広げ血液量を増やす効果があります。そのため血の巡りが良くなり、老廃物を排出し、むくみ解消や冷え性改善にも効果的な成分です。シトルリンにはこのような様々な働きがあるため、スーパーアミノ酸の異名を持ちます。

クエン酸摂取で代謝アップとむくみ解消を

体のむくみを取りたい場合にはクエン酸を摂取することでむくみを解消することが出来ます。

クエン酸といえば梅干しなどに含まれるすっぱい成分という印象ですが、クエン酸を摂取することにより体の代謝機能の回復が可能となり、回復することで代謝がアップし血流なども改善することができます。代謝と血流が改善すればむくみの原因となっていた老廃物なども体外に排出されますので、結果的にむくみを解消、防止することが出来るわけです。

クエン酸を含む食べ物は梅干しやレモン、グレープフルーツなどに多く含まれていますし、料理に使用するお酢にもクエン酸が含まれていますので毎日のメニューにお酢を取り入れるとか、レモンなどを上手に料理に使用すればむくみを解消することが出来ます。



むくみに効くサプリの選び方

むくみに効く食べ物は毎日の食事に少しずつ取り入れていくことで大きな効果を得られます。また日々の食事に気を遣うことは健康にも良いので一石二鳥のむくみ対策だといえるでしょう。

しかし、普段料理をする習慣がない人にとっては、食材を取り入れて料理する時点で少しめんどくさいのが難点です。外食に偏りがちだと、むくみに効く栄養素を効果的に摂取するのはどうしても難しいです。せっかく料理をしても、水溶性だったり熱に弱い成分だったりすると、しっかり成分を摂れないこともあります。

その点サプリは取り組みやすさに関しては優秀です。毎日飲むだけで効果が得られるし、必要な栄養素を効率的に摂取できるので良く効きます。しかし、あくまでもサプリは補助的に使うものであり、毎日の食事に気を配ることも忘れてはいけません。

サプリを選ぶ上で大切なのは、体に悪い成分を避けることです。むくみ対策用のサプリのせいで体調を崩してしまっては元も子もありません。特に基準値の関係で過剰摂取しやすいメリロートと、下剤に使用されるキャンドルブッシュは副作用が出やすいためオススメしません。

むくみにいい成分はけっこうたくさんあるので、危険な成分は避けて、安全に続けられる成分を選ぶようにしましょう。以下では人気のサプリを成分ごとに分析してみました。良かったら参考にしてみてくださいね。

一目でわかる!人気40種類のむくみサプリの全成分調査表はこちら。




むくみサプリを評価!

むくみサプリを安心な成分で評価しました!

むくみサプリの副作用あり成分

むくみサプリの成分チェック

人気のむくみサプリの評価

むくみの基礎知識

するるのおめぐ実を体験!

人気のするるのおめぐ実を徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ